『きょうと・人・まち・であいもん』番組ブログ、第2弾!

2009年11月までの番組情報は、↓↓コチラ↓↓をご覧ください

 ☆ http://kyoto-hitomachi.seesaa.net/


2012年01月31日

2012年1月28日放送 ニュージーランドだより 2

ゲスト:グローバル・アーティスティック  岩崎 亮平さん

iwasaki.jpg クライストチャーチは南北の島のうち南の一番の都会です。2010年9月のM6.1の地震では死者がゼロでしたので、日本ではあまり報道されませんでしたが、そのあと2011年2月に、CTVビルが倒壊し日本人の留学生がたくさん亡くなるというM6.3の地震が起こりました。建物が先の地震で傷んでいたところに次の地震が来たために被害が大きくなったのではないかとも言われています。レンガ造の建物だったのも原因です。
 そもそもここは沼地を埋め立ててつくられたので、大きな液状化被害が見られました。今回の死者の大半を出したCTVビルについては、政府から独立した王位委員会が、設計や施工に不良があったのではないかと調査をしています。日本と同じく2つのプレートが沈み込む位置なので、過去80年の間にM8クラスの地震が他に2回起きています。
 宅地や土地自体が広いので、被災者は庭にテントを張ったりしていましたが、水、ガス、電気などのインフラが止まり給水車が来るなどは日本とおなじです。
 地割れなどもありましたが、建物は壁のクラックやドアが開かない程度で倒壊するというものはあまりありませんでした。ただ、市の中心部は8ヶ月たった時点でも、順番に日や希望者を限ってバスに乗せて立ち入ることしかできません。まだ余震が続き、大聖堂も修復作業中にまた壊れてしまうなど、再開の時期が掴みきれない状態です。 
 日本と違うなと思ったのは、地震直後に首相と行政、消防、警察のトップが1つのテントに常駐し、テレビで日に何度も状況報告をしたことです。徐々に被災者は戻っていますが厳しい状況です。そんな中でも東北地震の際の救援もあり、両国の絆が深まったと思います。


■□■ 会員紹介 ■□■
特定非営利活動法人 まちづくりねっと・うじ
事務局長 谷山 光さん

taniyama.jpg テキスタイルデザイナーを目指していましたが、建築家の兄の設計事務所の営業を手伝っているうちに忙しくて図面を書く羽目になり、本気で建築を勉強せざるを得なくて晩は専門学校に通いました。士会連合会主催の設計コンペで銀賞を受賞して建築がやみつきになりました。
 その後、大阪工業技術専門学校の講師として勤務し、退職後は地域に根ざした活動をしたいと思い、地元宇治でNPOに参画しています。宇治在住の建築士の方々と共に「歴史まちづくり・うじ」という研究会を立ち上げ、平安時代のまち割りの面影が残る宇治橋周辺の中宇治地区の修景や保存方策等の研究をしています。





☆本日の担当:山本晶三
posted by 京都府建築士会 at 16:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 建築・まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっぱり気軽に遊べるご近所さんが良い。当サイトはかなり詳細に地区分けをしてるのでほんとにピンポイントであなたのご近所さんを探せます。
Posted by ご近所Mail at 2012年02月06日 18:32
光輝く金色の髪に透き通る肌と潤んだ瞳。美味しそうに光る口唇。どこをとって見ても美人としか表現できない美貌を持っている子です。外専好きには涎もんのサイトになっています。今ならメンバー限定で登録してくれている女の子達の自撮画像公開してるからみんな登録してって。
Posted by クレア at 2012年02月10日 14:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。