『きょうと・人・まち・であいもん』番組ブログ、第2弾!

2009年11月までの番組情報は、↓↓コチラ↓↓をご覧ください

 ☆ http://kyoto-hitomachi.seesaa.net/


2010年09月29日

「オルメカ展ギャラリートーク@soboro」に行きました

9月17日(金) 
ミュージアムカフェsoboro」がスタート!!!

第1弾「オルメカ展ギャラリートーク@soboro」に行ってきました。
100917_1.jpg
京都文化博物館・学芸員の南さんが、ジャガー神のかぶり物?を頭にのっけて、
特別に1時間近く、展覧会をひととおり解りやすく解説してくださいました。

このギャラリートークというのは、私知らなかったのですが
実は毎週金曜日の夜に行われていたそうです。
今回はその後にミュージアムカフェとして、soboroでフリートークという催しです。

100917_2.jpg1階ホールにあった巨大な石頭、ご覧になりました?
(このボリューム!!わかりますか?! → )


本物を展示したくて、2.5t と称されていた巨石を空輸。

日本に来てからどうも3t ありそうだと言うことでしたが、
EVは3.3t まで運べるのでOKと思っていたら、
実際は4t 近くあった!ということで・・・・・
急遽ホールに展示となったそうです。

ですので、オープンスペースにあったのが、国宝級の本物で、
4階の展示場にあったのがレプリカとなったそうです。。。
のんびりした話です。

メキシコ・オルメカ文明とは、マヤ文明を遡ること紀元前1200年頃、
メキシコ湾岸に突然現われた古代文明で、高度な彫刻や土器の技術を
持っていましたが、忽然と姿を消し、多くの謎が残されたままです。
100917_3.jpg


soboroでは、メキシカンフードを頂きながら、(私はビールを注文!)
アットホームに色んな質問や感想が飛び交っていました。

自然と折り合いを付けながら暮らしていたオルメカ人は、
どこか日本人にも通じるふしぎな繋がりを感じました。

とても楽しくためになる催しでした。
また、次が楽しみです。


::::::::::::::::::::::::::::


情報:
MUSEUM CAFE SOBORO

京都文化博物館の南側テラスで営業を行っているSocial design cafe soboroが、京都文化博物館との連携を行い、「ミュージアムカフェsoboro」として、文化・芸術の情報発信を行い、「文化・芸術」と「ひと」「まち」「地域」を繋ぐ役割を果たしていきます。100917_4.jpg

■2010/9/17 オルメカ展ギャラリートーク@soboro■

<日時>   2010年9月17日(金)17時〜20時頃

<場所>   京都文化博物館 及びsoboro(京都文化博物館前ウッドデッキ)

<トーク>  京都文化博物館 学芸員南先生

<定員>   15名

<参加費用>  2000円 (観覧チケット/軽食 含む)


★「ミュージアムカフェsoboro」詳細★
http://museumcafesoboro.blogspot.com/



★京都文化博物館★
http://www.bunpaku.or.jp/




posted by 京都府建築士会 at 19:03| Comment(0) | であいもんログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。