『きょうと・人・まち・であいもん』番組ブログ、第2弾!

2009年11月までの番組情報は、↓↓コチラ↓↓をご覧ください

 ☆ http://kyoto-hitomachi.seesaa.net/


2010年07月14日

今日の宵々々山

100714_1.jpg昨晩から、京都市も大雨です。

鴨川の水位も護岸を超え、西岸に連なる納涼床の柱足元に、上流から流されてきた流木、枝などが絡みついていました。

丈夫な橋脚とちがって、床は季節限定の仮設工作物なので、柱も細く弱いもの。
無事だったのは幸運で、まさに危機一髪だったようです...
☆鴨川納涼床については08年10月18日放送 

100714_gionfes1.jpg
そんな雨の日でも、祇園祭は決められた日程どおり進みます。
今日の宵々々山(よいよいよいやま)の様子です。



100714_gionfes2.jpg100714_gionfes4.jpg
四条通室町下る・鶏鉾は、今年、真木が新調されています。(左)
四条通室町西・月鉾(右)
100714_gionfes5.jpg
14日の宵々々山の人出は、感覚として宵山の1/3ぐらいでしょうか。

四条通など広い通りでは、人出のわりには風も通ります。
それに出店規制もあって、良いのです。

焼きトウモロコシ、フランクフルト、たこ焼き、ベビーカステラ、串焼き...
火を使う出店もズラッと並ぶ、室町通錦小路など、店の火だけで2〜3℃は気温が上昇しているのでは?


100714_gionfes6.jpg

占出山の懸装品。
巡行の時には、これらを飾りつけます。





ラベル:宵々々山 祇園祭
posted by 京都府建築士会 at 22:52| Comment(0) | であいもんログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。